【夏の悩み】 ワキの臭い対策

暑い夏、何をしなくてもジワジワと汗をかく季節です。この季節の大きな悩みのひとつ、 ワキの臭い 気になっていませんか?

 

ここ最近は、多くの制汗剤が出ていますので臭い対策もある程度は可能ですが、それでも気になりますね・・・。 ワキ汗と臭い

 

医学的側面からワキ汗の臭いの発生原因とその予防についてです。

 

●ワキ汗について●
ワキといわれている腋窩には、大きな動脈があり皮膚でしっかりを覆われていますので常に温かい状態です。発熱時に体温を測定する際に腋窩で測定する理由からも、想像ができますね。体温(体内の温度)に近い程、保温性にも優れていると言えます。

 

また、医療の場では発熱している患者さんへの体温の冷却を目的に両腋窩にクーリングをすることで直接動脈を冷やし、解熱を図ります。

※ここで、応用として暑い夏、火照ったカラダのクーリングとして凍った保冷材などを腋窩に挟むことは効果的な方法です。お試し下さい!

 

その他、精神的な緊張や不安でもワキに汗をかく原因となります。

 

この様に、解剖学的にも腋窩は汗をかきやすいことがわかりますね。暑いときに汗をかくことでの、体温調整機能は正常な働きです。ワキに汗をかくことは当たり前のカラダの機能です。

 

●アポクリン汗腺●
ワキガとアポクリン汗腺が大きく関係していることは多くの方がすでにご存知かと思います。腋窩には、多くのアポクリン汗腺が存在し、アポクリン汗腺からの汗は無臭と言われていますが、皮脂、たんぱく質、アンモニアなどと常在菌が反応を起こして臭いの元を作ります。アポクリン汗腺からの無臭の分泌物を好む菌が増えることで臭いの原因となるのです。

 

また、臭いの原因として香辛料や酸味の強い物などをはじめ、動物性脂肪を摂取することでも臭いの原因になると言われています。

 

【臭い対策】
上記のことから、いくつかの対策があがりますね。

・清潔を保つ
・皮膚が二面しているので洗うときはしっかり、丁寧に洗う
・定期的に分泌物と常在菌の除去に努める(しっかり拭き取る)
・お風呂上りやワキを拭いたときはしっかり乾かす
・強い香辛料や動物性脂肪の摂取を控える
・汗を吸収しやすい素材の衣類の着用
・緊張の軽減
・剃毛による保清(特に男性)

といったところでしょうか。臭いの原因である菌の繁殖を抑えるための清潔と乾燥したワキの皮膚環境は、臭いの対策としては重要な項目です。

ただでさえ暑い夏、臭いが気になる季節でもあります。皆さんのワキの臭い、今日から気をつけてみてください。

ワキガだと悩んでいたことが解消されるかもしれません。

 

皆さんも、試してみてくださいね。

ちっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です