不眠の原因

不眠の原因として多くの事が考えられ、その原因が複数存在することもあります。

心身はヘトヘトにつかれているのに、ぐっすり眠れない翌日は最悪の日になりますね。

 

・寝たいのに寝れない
・疲れているのに寝るまでに時間がかかる
・寝ても、途中で覚醒してしまう
・寝ているのに寝た気がしない
・寝起きが異常に悪い
・日中、頭がスッキリしない

 

など、不眠による苦痛は様々です。共通して言えることは翌日、とても疲れていてかなりのストレスとなることではないでしょうか・・・。

 

不眠の原因を作り上げているのは自分だったりします。
不眠症と質のいい睡眠(過去のトピックより)

http://www.washokudiet.com/?p=181

 

不眠の原因を取り除くことで、快適な睡眠が期待できます。

 

ぐっすり、深い眠りを取ることにより脳が休まり、疲れた体の修復とバランスを整えてくれます。これは、成長期の子供をはじめ高齢者まで共通して言えます。特に、美容・健康・精神の安定のためにも十分な睡眠、適度な睡眠、質の良い睡眠は欠かせない毎日の生活行動です。

 

カラダを横にさせることも、医学的に大きな意味を持っています。
カラダは心臓が中止であり、その中心から全身に新鮮な血液を送り、それが返ってきます。地球上では重力があるのでカラダを横にすることによって心臓への負担が軽くなり、重力による内蔵への圧迫も開放されます。

このことからも、しっかりと横になって睡眠を取ることは大きな意味を持っています。

 

忙しい毎日の中で、十分な睡眠を取ることは簡単な事ではないかもしれません。しかし、自分のカラダを理解できるのは自分だけです。カラダの悲鳴が出る前に・出ないように、毎日の睡眠を見直して見てください。

 

集中力や勉強・仕事のはかどり方の違いを感じるはずです。
また、免疫力もUPして病気にかかりにくく、かかっても早期回復につながります。

 

睡眠を優先順位の上位に置くことは難しいことかもしれませんが、その努力をしてみて下さいね。

ちっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です