イライラする!

日常生活のなかでイライラすること、あるかと思います。その理由の多くが、結果や過程が期待しているものと異なるとき、想いもしないことが起こるときなどではないでしょうか。

 

それらに対して対応できるタイプ、対応が難しいタイプ、人前では平然でいられるタイプ、一前でさえも感情を出さずにはいられないタイプ、多くのタイプがあります。

 

イライラと上手に付き合えない方は人間関係でのトラブルになったり、それによる日常生活への影響は想像できないほど大きいはずです。

 

しかし、自分の性格を受け止めてくれる居心地のいい場所を自然にみつけ、そこでの時間を確保するよう自然に行動しているのではないでしょうか。

 

友達、恋人、家族、オンラインでの場など、人によってそれは異なるかと思いますが、そんな場所を見つけることはストレスの軽減には欠かせません。
また、そのような仲間の中ではお互いにお互いのイライラを理解し合い、耳を傾けて共感してくれる姿勢こそが何より嬉しい時間です。

 

イライラの原因はカルシウム不足! なんて耳にしたことがあるかもしれませんが、どんなに十分なカルシウムを摂取していてもイライラの感情は起こります。また、月経前や成長期などホルモンバランスに影響されたり、受験などの通らなければならないプレッシャーもイライラの原因になり兼ねませんが、そのような場合はその基となる原因なくすことはできません。

 

そんな時、体のメカニズムを上手に利用して対応してみてください。

 

交感神経と副交感神経。
副交感神経はリラックス神経ともいわれ、睡眠中など体がリラックスしているときに体の中で優位となります。と言うより、副交感神経を優位にさせるためにつかれたときに横になったり、マッサージを受けたり、映画観賞、ドライブ、音楽や趣味などに時間を費やすとも言えます。

 

イライラしやすくなったときは体のサインです。副交感神経・リラックスが必要なタイミング、自分にとっての副交感神経の刺激の時間をつくる努力をしてみて下さい。

 

「ここ最近、イライラが増えた・・・」と感じるようであれば、その生活スタイルでは限界を越えているのかもしれません。

 

自分に合った生活とイライラへの対処で上手なストレスとお付き合い下さい。

 

皆さんにとって、イライラの原因は何ですか?また、その対処方法は何ですか?

 

私にとってのイライラの原因は数えきれませんが、対処法も数えきれない中で、おいしいものをたくさん食べられることでのイライラの対処、私にはかなり有効的です。

ちっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です