和食と心

和食はとても心のこもった食文化であること、時として外国では理解できないこともあるようです。

 

日本に旅行をしたことのあるイタリア人、フランス人、ドイツ人など多くのヨーロッパ人をはじめ、アメリカ人やインド人の知り合いがいます。私が中国人や韓国人でないことを知ると(アメリカ、特に私の住む地域には中国人、韓国人の移民はとても多いのです)日本の文化の話に花が咲きます。

 

日本のアニメを始め、カメラ、電化製品や車は世界で誇れると皆さん絶賛してくれます。製造に関係していない私ですが、同じ国民というだけで褒められるとうれしくなります。

 

そして、ヘルシーでおいしい和食をほめてもらうと同時に、あまりに美しすぎる盛り付けと、時に一口にも満たない一品の量に疑問を持っているようです。 そして、一口サイズ、量の割には値段がすること。「赤ちゃんの胃袋か・・・?」 とまでジョークを飛ばすジャパニーズなアメリカンジョークです。 笑

 

和食は、彩りをはじめ、盛り付け方やその調理に時間も手間もかかっています。そして、季節の食材をふんだんに使い、心のこもった各季節に特別な食事ですが、外国の文化の中では時にそれが理解できないようです。

 

お子様ランチといわれるような食事も、遊び心満載の子供を楽しませてくれますね。

 

アメリカでは料理の勝負は、味、値段、そして量!! とまで言われることもあります。確かに、おいしくて安くて、量があれば大勢のおなかを満たしてくれることは確かですが、心まで満たしてくれるのが和食のすばらしいところだと思います。

 

以前、お世話になっていた日本料理のレストランですがお寿司と鉄板焼きをメインにしていました。お寿司のカウンターに座る多くのお客さんがその盛り付けを写真に撮っていました。 鉄板焼きのほうでは、カメラ(携帯電話)を出して写真を撮る人もいますが、その対象は食べ物ではなく人間です。

 

和食が持つ魅力について外国の文化では理解できない点もあるようですが、全ては思いやり・気遣いのできる文化だからこそであると思います。私たちが何気なく触れ合ってきた日本の文化、特に食文化に関してはその魅力から多くのファン・リピーターが耐えません。

 

和食が次々に海外へと広がる一方で、日本国内では欧米食やインターナショナルなレストランが増えているかと思います。 和食にしかない魅力をいつまでも受け継いでいきたいですね。

 

何でもクオリティーを求める日本人、日本の文化です。心のこもった和食、心のこもっている思いやりのある日本人。それぞれが世界で活躍することをこれからも応援したいですね。

 

私もそんな一人になれるよう、日々はりきっています!!

 

皆さんにとって心のこもった日本の文化、何ですか?

私にとって最強に心のこもった日本のもの。 キャラ弁です。 日本のママさんたち、少しでも子供がお弁当を楽しめるよう、愛情のこもったお弁当には頭が下がります・・・。

 

アメリカでは、保存用の容器、半透明の容器にフタというシンプルな容器にどっさり何かが詰められたお弁当が一般的です。 日本のママさんたちの技術には驚きの連続です!

ちっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です