和食:お米がパンやパスタに勝てる理由

和食のベースともいえる お米 がさまざまな理由から欧米食のベースであるパンやパスタに勝っている理由はいくつかあります。

◆和食(お米)が勝る理由◆

・小麦粉製品よりも低カロリー
・アレルギーの原因物質が小麦よりも少ない
・お米には多くの栄養素が含まれている
・小麦よりも良質なアミノ酸が多く含まれる
・調理時、油の吸収が小麦よりも抑えられる
・腹持ちがよく、ダイエットに向いている
・噛み応えがあるため満腹になりやすい
・小麦製品よりも血糖値の上昇が緩やか
・グルテンが含まれていない

※グルテンの作用と影響:食欲を増強させ過食になりやすい中毒性があるといわれている。

お米がパンやパスタに勝る理由は一言では言い切れないほど多くあります。特にダイエットをしている方(体重減少)や糖尿病の方にはお勧めできます。

 

実際に、私が患者さんやその家族に生活のアドバイス・健康指導と食事療法についてお話しするときは和食をお勧めしています。現在、行っているダイエットの方を対象にしたカウンセリングでも和食をお勧めしています。

 

多くの優れた理由から和食が多くの方に愛され、世界でも認められる理由が納得できるかと思います。

生活が欧米化し、多くの便利と引き換えに50年前では見られなかったような病気が増え、その罹患も低年齢化しています。

多くのヘルシーな欧米食があることも事実ですが、小麦製品の使用などトータル的に比較しても和食には健康的な多くのメリットがあります。

注)小麦製品が不健康という意味ではありません。小麦製品も健康に必要な栄養素を含んでいます。

 

和食を中心にした食生活から病気の予防・ダイエット、多くの効果を期待したいところです。

 

皆さんの和食の頻度、どうですか?

 

私は、アメリカ生活のため外に出れば和食を口にすることが難しいため、調理の際には和食を心掛けています。

ちっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です