春野菜の効果・栄養は?

日本の四季に応じた各季節の食べ物ですが、春のお野菜の効果・効能、そして栄養についてです。

 

鮮やかなビタミンカラー VITAMIのVITは生命(の維持)を意味し、春には多くの生命が宿る季節ですね。医療用語で生命の兆候を意味するバイタルサインVITAL SIGNS もこのVITを含んだ言葉であることからもビタミンが生命に与える影響について想像ができることでしょう。

 

ちなみにバイタルサインについてですが、生命の基本的機能を数字として見るものです。意識状態、体温、脈拍、呼吸、そして血圧。看護学生時代、何よりも先に学んだことがこのバイタルサインでした。

 

●春野菜の主な栄養や効果●
独特の香りや苦味を持つものが多くあります。その成分は植物性アルカロイドと呼ばれ、体の中に溜まった余分な熱や水分、不要物を外に出してくれる機能があります。利尿作用や解毒・脂肪分解作用が期待できます。さすが、冬眠後:長い冬を終えた動物たちにはとっておきの食材、世の中うまくできていますね・・・。

冬の体はエネルギーを溜め、特に動物たちは冬眠するため水分や栄養を体に蓄えていますが、暖かい春になり冬眠が終わると春野菜によりその貯めていたモノをを排泄させ、フレッシュな栄養を求めます。

 

春野菜はまさに天然のデトックスと言ったところでしょうか。

春キャベツ、新ジャガイモ、たけのこ、ふきのとう、タラの芽、よもぎ、菜の花、パセリなどが上げられます。
興味のある方は 春野菜 で調べて見てください。

 

寒かった冬から目覚め、入学・入社など新たな生活が始まる春ですが、春野菜で身も心も十分な栄養・ビタミンをとって準備したいですね。

 

みなさんはどんな春野菜が好きですか?

 

新潟の母親の実家では民宿をやっています。各季節に応じた食事が有名なコシヒカリにピッタリなのですが、幼少期は手もつけなかったふきのとうの天ぷら、大人になった今では何とも言えないあの苦味がくせになる一品です。

ちっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です