春だけの特別な和食レシピ! 春たまねぎのシャキシャキサラダ

春たまねぎは4月~5月に収穫されるたまねぎであり、収穫されてからすぐに消費者のもとへ届きます。 皮は通常のものよりも柔らかく、辛味もだいぶ少ないことからそのまま生で食べることができます。収穫後にすぐに消費者のもとへ届くことからとてもフレッシュでみずみずしいたまねぎです。

 

一方で、春たまねぎ・新たまねぎ以外の(ふつうの)たまねぎは、収穫後に少し時間をあけ乾燥させることで保存が効くように調整されています。 普通のたまねぎは、薄茶色の乾燥したパリパリの皮ですね。 わざと乾燥さているのです。

 

栄養そのものはそれほど変わらないのですが、春たまねぎ・新たまねぎは生で食べられることから調理時に失う・分解されてしまう栄養も調理しない分、丸ごと取り入れられることが期待できます。

ふつうのたまねぎは、そのきつい辛味からよく炒めたり茹でたりすることで辛味を飛ばして甘みを引き出しますが、それでは本来の栄養素も壊れてしまいます。

 

したがって、春たまねぎ・新たまねぎからのフレッシュな栄養は春だけの特別なものであることがわかりますね。

たまねぎの一般的な健康への効果や栄養は、たくさんありますがなかでも血液をさらさらにしたり、疲労の回復を期待できることから、動脈硬化のある方や、風邪や疲労からなかなか回復できないような人にはお勧めしたい一品です。

 

また、これらの効果より塩気が強く、油分の多い食事の副菜として、一緒に摂取することで血液がドロドロになることを防いでくれる優秀な野菜であるといえます。

 

春たまねぎ・新たまねぎをスライサーで薄くスライスし、さっぱりした低脂肪な和風ドレッシングとかつお節をたっぷりのせて、召し上がってみてください。

 

大人から子供までみんなが楽しめる健康な一品になってくれるはずです。

 

今晩のおかずにどうですか?

ちっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です