食事に影響されるうつ病

なんとなくパッとしない毎日の生活、落ち込みやすくなった性格の変化を感じていませんか?

 

その原因、ビタミン不足かもしれません。

 

特にビタミンB群は体内での神経伝達物質の生成にとても重要な働きをしています。従って、ビタミンBの不足により神経伝達物質の調整に支障をきたし精神的な症状であるイライラ、性格の変化ややる気の消失など様々な症状として現れます。

それは時に身体的な症状として現れることもあり、とても注意が必要な毎日の生活での注意事項となります。

 

この症状の多くは、それほど重症でないことから病気や体内の異常との関係性を考えられにくく個性(性格の変化)として気づかれないことが少なくありません。

 

以下に当てはまる方は、毎日の生活を見直してみてください。

 

・外食に頼ってしまいがちな食生活である
・好き嫌いが多く、食べたいものだけ食べる傾向にある
・偏食が著名である
・自炊をしているがそのレパートリーは少なく同じメニューになってしまう
・野菜嫌いである

 

一昔前は、何でも食べなければならない考え方でしたが、ここ最近は食事も多様化し、好きなものを好きなだけ好きなときに摂取されている方を多く見かけます。

個人の嗜好はなかなか変えられるものではなく、それをストレスに感じる方さえ見られます。

 

そんなときはビタミン剤などで補給することも一つの方法です。

 

「食べれないから・・・」とスルーするよりも、他の方法で栄養を補うことはよっぽど健康的な習慣であると言えます。

特に、ここ最近では身近に手軽に必要な栄養素を手に入れられますね。コンビニでさえ、多くの種類のビタミン剤や栄養素のタブレット・カプセルを入手できます。

 

自分に足りない栄養素の補給をしっかりとすることで、食事による隠れうつのリスクへの対応を心がけてみてくださいね。

ちっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です