ダイエットの停滞期は成功のサインだった

ダイエット中、誰もが経験をしたことのある停滞期、同時にダイエットへの意欲をなくしてしまう時期ではないでしょうか?

 

この停滞期ですが、急に体重減少が止まり、それまで以上に食事・運動を変えても体重の変化が見られなくなる現象です。

結果・成果の見られないダイエットは、挫折という意識へと徐々に引っ張られてしまいます。また、ダイエットによる多くの制限や生活習慣の改善によりストレスが溜まりやすい時期と停滞期が重なっていることもダイエットの挫折に大きな拍車をかけていることでしょう。

 

実は、この停滞期、ダイエットが成功していることを意味しているんです。ご存知だったでしょうか?

人間は、もともと飢餓状態に耐えられるように進化を遂げてきました。遠い昔、食物が十分に収穫できなかった時代は飢餓により多くの命が奪われていました。人間が子孫を残すため、生まれてきた使命を果たすためには飢餓に対応できるカラダの変化は不可欠だったのです。

 

現代では、多くの国々で食べ物にありふれ、食べ物があふれるあまり食事を制限しなければならない世の中になりました。

このように、私たちのカラダの構造から考えると、停滞期はダイエットが成功している証、体重が減少しているからこそ、皆さんのカラダは少しでも体内に入った栄養分を更なる飢餓状態に備えて蓄えているのです。言うならば、省エネモードに切り替わったのです。

 

停滞期:飢餓状態の備えの時期 であるからこそ、カラダは何でも取り込んで蓄えてしまいます。カラダはそのように構えているのです。だからこそ、リバウンドも起こりやすい時期にあります。

停滞期:飢餓状態への備え:ダイエットによるストレス この3拍子は、とても厄介なものですが、ダイエットの成功には通らなければなりません。

 

ストレスで暴飲暴食にはしってしまいがち
飢餓状態を感知したカラダは食欲という指令をカラダに送り続ける
体内に入ったものは無駄なく吸収・蓄えられる

 

このようなことが皆さんのカラダの中では起こっているのです。健康であればなおさらでしょう。

 

ダイエットと上手に付き合う上で、カラダのメカニズムを理解しないことには成功してもまたすぐに戻ってしまいます。
失敗を繰り返され、何年間も年中ダイエットである方はこのメカニズムを理解されてないことが多く見られます。

 

多くの誘惑にあふれる私たちの生活ですが、ダイエットの成功を意味する 停滞期 、ゴールは近いはずです!

ちっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です