和食に欠かせない発酵調味料

和食には醗酵調味料が欠かせません。味噌やしょうゆ、かつお節、みりん、酒など多くの醗酵調味料が和食の魅力を引き立てています。

 

地域の気候や製造過程の違いから、特に味噌やしょうゆは各地域で違いが見られます。

 

この、醗酵調味料ですが、海に囲まれ夏には湿度が高く寒い冬、昔から日本ではこの醗酵調味料は食物の保存としても重要な役割を果たしてきました。

また、その製造過程も様々です。醗酵調味料の製造に微生物の働きは欠かせません。

 

各調味料の製造過程で活躍する微生物の種類は異なりますが、各食品を醗酵させることで食品本来の風味を増し味にコクが出て、さらには栄養価までにも大きな影響を与えます。

醗酵品の多くが高栄養であり、私たちの健康には欠かすことのできない物となっています。

 

天然の保存剤として、栄養成分も凝縮されていることから積極的に摂取することが薦められています。

特に、腸内環境を整えることで、免疫系への働きにもつながります。

 

和食と健康が深く結びつき、世界でも評価されている理由はここにあるのではないでしょうか?

 

欧米化が止まらない日本国内ではありますが、それでも和食・日本の文化は世界で認められ、毎年多くの観光客が日本に訪れています。

世界中で健康について考えられている中で、日本の醗酵調味料はますます活躍することが考えられます。

 

皆さんも、醗酵調味料を生かした和食で更なる健康を目指してみてくださいね。

ちっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です