筋肉をつけて血液循環の促進

運動を継続させることが健康なことは誰もがご存知かと思います。

長期的に継続することが難しいことも、同時にご存知かと思いますが・・・。

 

運動の継続は基礎となる筋肉を維持させる上で欠かせません。特にダイエット中はこの筋肉が代謝を上げるので強い味方となります。
ダイエット中こそ、筋肉量の維持が成功へと導いてくれるのです。

 

また、筋肉はポンプ機能・血液循環を促進させるため浮腫みにくくなります。特に下肢(両足)は重力に伴って夕方に浮腫みを訴える方が多く見受けられます。そのような方にも、筋肉をつけることは浮腫み予防としてお勧めできる健康方法です。

 

ここで、運動についてですが継続することが望ましいといわれています。その理由として、「運動するアスリートが怪我などで3日でも休むと体力の衰えを感じる」といわれているように、使わない筋肉は衰えます。目には見えない程わからない衰えでも、3日、1週間、そして1ヶ月にもなれば大きな衰えとして感じることでしょう。

一方で、運動を3日、1週間、1ヶ月と続ければ、毎日の成果は感じられなくても、しっかりと身についているはずです。運動は継続することでその効果が期待できます。

 

特にダイエットであれば、無理のない運動を継続的にすることが成功のカギです。

血液循環を促すことは浮腫み予防、代謝の促進、太りにくいカラダ作りなど、ダイエット・健康には欠かせない効果が期待できます。

 

毎日の小さな積み重ね、運動の継続でより健康なカラダを目指してみてください!

ちっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です