ダイエット中こそよく食べて!

ダイエット中は、ほとんどの方が食事制限をまず考え、実践してるのではないでしょうか!?

 

摂取カロリーを落とす為に、多くの食べたいものの我慢や食事内容の見直しから決められたメニューに沿ってダイエットを続けられるのも、そう長くはなかなか続かないものですね。

 

ダイエット中、食事を抜いたり、空腹に耐える方が多いかと思いますがそれは望ましいこととは言えません。空腹状態が続くことで、カラダは飢餓状態となり、飢餓状態による栄養失調などの健康問題を回避するために、より多くの栄養・エネルギーを蓄えようとします。

まさに、ダイエット後にリバウンドしやすい理由の一つですね。

 

ダイエット中は、いつも以上に食べる回数を増やし、一度に食べる量を減らすことがダイエット成功のキーです。

 

日本や多くの国では1日3食が一般的ですが、1日5食、もしくは完食(おやつ)をしっかりと入れることにより空腹時間を減らし一度に摂取する食事量を減らすことが、ダイエット成功につながります。

 

空腹を我慢したことによる反動で受けるストレスは精神的にも肉体的にも良い事ではありません。

 

ダイエット中だからこそ、きちんと食べることが求められ、しっかりと食べ物の準備が必要です。間違っても、「食べるものがないから・・・」と、コンビニやファーストフードで手軽なものを食べることのないようにしなければなりません。

 

ダイエット中、避けたいことがストレスです。空腹を耐えることは、一時的な体重減少につながっても、その反動で暴飲暴食したり、カラダも栄養をしっかりと蓄えるようにしますので、空腹はダイエット中の避けるべきストレスの一つです。このことからも、しっかりと食事を摂ること、少量の食事で頻度を増やすことは心身に良い事です。

 

ダイエット中だからこそしっかりと食事をとり、極端な空腹を避けるようにすること。そして、バランスの取れた、野菜や果物中心の食事を摂るように心掛けてみてください。

ちっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です